スポンサードリンク


更新日:2018/09/05

育毛剤と育毛サプリメントの違い

 

薄毛の対処方法として、育毛剤と育毛サプリメントというものがあります。ここで述べさせていただく育毛剤とは、飲むタイプではなく頭皮に添付させるものとさせていただきます。

 

育毛剤と育毛サプリメントのどちらかしか利用できないという事になりましたら、いったいどちらを選ぶのかかなり悩むと思います。そのように悩んでしまった方に、ちょっとした方向性を掲示できればと思いまして、以下に書かせていただきます。

 

また、両者の違いを知ることで新しい育毛方法を知ることにもつながるかも知れません。ま育毛剤と育毛サプリメントの違いについて考えられるものは以下の通りです。

 

栄養を与える場所の違い

頭皮に添付するタイプの育毛剤は、頭皮に直接栄養を与えることになります。例えば、頭皮に血行がよくなるようなセンブリエキスなどの成分を添付して、頭皮が活性化して血流がアップすることを狙います。

 

髪の毛というものは血行が良くならなければ、どうしても薄毛になってしまいます。ですので、育毛剤は頭皮に血行がよくなる成分を添付しまして、結果を得ようとします。

 

一方育毛サプリメントですが、実際には頭皮に添付するタイプの育毛剤と目的はほとんど変わりません。やはり血行を良くするような成分がサプリメントには含まれています。しかしサプリメントは、頭皮に栄養を与えるのではなく身体全体に栄養を与えるような感覚です。

 

血行についても口から摂取して消化され、体内に栄養がいきわたるので全身の血行がよくなります。イメージとして、頭皮に栄養を加える育毛剤と身体の内部に栄養を与える育毛サプリメントという違いがあります。どちらの効果が高いのかは、考え方や実感によるところでしょう。

 

髪型に対する影響

髪型に対する影響

薄毛に悩むと髪型もかなり気になってしまい、ちょっとでも風が強い日は外出をしたくないと思ってしまうほどです。

 

普段はなんとか髪型で薄毛を隠している方もいらっしゃいます。しかし少しでも風が吹いて髪型が乱れたり、走ったりしただけでも髪型が乱れたりすると薄毛である事が分かってしまう方もいます。

 

上記した問題ですが、育毛剤と育毛サプリメントでは大きな違いがあります。育毛剤は頭皮に添付をしなければいけません。基本的に朝と夜の2回行う事になります。夜はまだいいかもしれません。

 

しかし、朝は出かける前に育毛剤を添付することになります。水分を頭皮に添付することになりますので、髪型が乱れてしまう事があります。せっかく髪型で薄毛を隠していましても、育毛剤をつけることでセットした髪の毛が乱れてしまうこともあるわけです。

 

髪型に対する影響という面では育毛サプリメントは全くマイナス面がありません。育毛剤をつける時は髪型の件も考えて慎重につける方が多いです。育毛剤は気を使わなければいけない事になります。

 

期待できる効果の範囲

期待できる範囲

育毛剤と育毛サプリメントの違いを見る場合には、効果の範囲という部分を避けることは出来ません。効果のほうですが育毛剤は、添付した場所とその周辺部分までしか効果を生まないと言われています。

 

いわゆる局所的な効果しか期待できないので、仮に前頭部だけに育毛剤を付けた場合には、なかなか頭頂部まで効果が及ぶという事は考えにくいです。

 

全体的に効果を得たいと考えたら、薄くなると思われる場所全体に育毛剤を添付することになります。育毛サプリメントについては、身体全体に対する影響が期待できます。サプリメントで育毛に必要と思われる成分を補充します。

 

ですので、頭皮だけではなく、全体的にいい効果が生まれる可能性があります。効果範囲の違いというものですが、育毛剤は狭くサプリメントは広いという事になります。

 

使用感

育毛剤と育毛サプリメントでは使用感に違いもあります。育毛剤には血行をよくする成分の一つとして、スースーする涼しげな感覚がする成分を利用しています。スースーする感覚を与えるものはアルコールですが、一時的な血管拡張効果があるとされています。

 

そのスースーすることで、特に夏などは頭がすっきりとする感覚が与えられます。使用感に気持ち良さを感じる方もいます。

 

育毛サプリメントの使用感については、錠剤の大きさというものがあります。錠剤の大きいタイプと小さいタイプのサプリメントがあります。大きいと飲みにくいですし、小さいと飲みやすいものです。大きな錠剤は飲みにくいと感じている方は注意すべきです。

育毛剤と育毛サプリの違いのまとめ

育毛剤と育毛サプリは以上のようにいくつかの違いがあります。もっとも大きな違いは、期待できる効果の範囲です。広範囲にわたる効果が期待できる育毛サプリに比べまして、育毛剤は添付した一部にとどまります。

 

こちらは育毛サプリが有利という考え方もありますが、身体に対する刺激と考えると局所的な育毛剤も悪くはないという考え方もできます。また、薄毛経験者の方にすれば、髪型の問題は大きいです。育毛剤をつける前はしっくりとした髪型になっていたとしても、育毛剤を付けた後は髪型がおかしくなってしまうこともあります。

 

育毛剤については、付け方を上達させなければいけません。液だれということもありますので、育毛剤をつける時にどのようにすれば液だれをしないかも試して体得すべきです。ここまで違いを述べてきましたが、役割的に違いがあると考えてみるのも良いでしょう。

  1. まず基本的な育毛方法としては育毛サプリメントを利用します。
  2. そして身体全体を育毛に適した状態にします。
  3. さらにどうしても薄毛を改善したい部位があればそちらに育毛剤を利用します。

M字部分(前頭部)ならM字部分に育毛剤を付けますし、てっぺん(頭頂部)を改善したいならてっぺんに育毛剤を利用します。育毛剤と育毛サプリメントの双方を利用して育毛効果を高めるという方法があるのではないでしょうか。一つの育毛スタイルが、育毛剤と育毛サプリの違いを考察することで見えてきました。

 

また、最初にも述べたどちらかしか利用できない場合があったとするなら、薄毛予防には育毛サプリメントで対処するべきです。身体全体にいい影響を与える事ができるからです。まだ育毛剤を使用する必要はありません。

 

家系的に薄毛になりやすいと感じましたら、育毛サプリメントを利用してみましょう。一方で、実際に薄毛になってしまったら、併用がおすすめです。育毛サプリで育毛に適した身体にします。そのうえで育毛剤を添付し、それぞれの個所の改善能力をアップさせるわけです。

 

このサイトで調べた、育毛サプリメントの口コミや評判はこちらです。

育毛サプリメントの口コミ・評判