スポンサードリンク

育毛サプリメントに副作用があるとしたら?使用上の注意まとめ

育毛サプリメントは非常に安全性が高いわけですが、全く副作用がないというわけではありません。いくつかの報告がある事も事実です。重大な状態に陥ってしまったという話もありませんが、これから始めて育毛サプリメントを利用しようと思っている方は注意しなければいけません。

 

以下にいくつか報告されている育毛サプリメントに含まれる成分で副作用があったものを紹介します。

 

目次
クリックすると各記事に飛びます。

カプサイシン

 

カプサイシン

カプサイシンとは、トウガラシに含まれる成分です。トウガラシを食べると口内に辛みを感じるのがカプサイシンです。そのカプサイシンには、血行を促進させる作用があると知られています。

 

トウガラシを食べると体が温まる‥それはまさにカプサイシンの作用が引き起こされている証拠です。

 

そのカプサイシンですが、多量に摂取すると胃や腸を荒らしてしまう副作用を起こします。腹痛が起きた場合、カプサイシンの刺激により胃の粘膜などが傷ついている可能性があります。

 

ちなみに『ダブルインパクト』という商品の注意書きにはこのような注意書きがあります。

 

辛みの成分であるカプサイシンは、カプセルにしてあるため、辛さは感じる事はありません。しかし、カプセルが胃で溶けるときに唐辛子をたくさんに食べたときのような、灼熱感や痛みを数分間感じることがあります。

 

この症状を防ぐためにも、空腹時の服用を避け、食後に服用しましょう。

 

ほかにも、一時的に便が軟らかくなるという事もあるようですが、体の中の不要な物を排出するものなので身体には悪くはないそうです。しかし、下痢が続くような事があるならば、サプリメント服用を中止し医師に相談する事をおすすめします。

 

対処法

 

対処法としては、空腹時の摂取はしないという事です。そうすることで胃や腸を守ることにつながりますので、出来れば食後などに摂取しましょう。

 

そして必要以上には摂取せず、容量を守って育毛サプリメントを利用しましょう。1日に3錠と記されていましたら、それ以上は飲まないようにすれば特に問題はありません。体調に不安がある方はまずは少量から試す事をおすすめします。

 

カプサイシンが含まれる育毛サプリメント

※こちらに紹介したのはカプサイシンを含んだ育毛サプリメントの一部です。紹介したサプリメントが悪いというものではなく、カプサイシンが含まれているので胃腸が弱い方は注意しましょう、ということです。

大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、その名の通り大豆に含まれる成分です。女性ホルモンに似た構造を持っている事でも知られており、実は女性の更年期障害の治療にも用いられる事があります。

 

女性の更年期障害は、40代半ばから急に女性ホルモンが減少することから始まります。そこで女性ホルモンに似た作用である大豆イソフラボンを使って更年期症害を抑えるというものです。ちなみに育毛サプリメントでも同じような考え方をします。

 

女性ホルモンの働きが活発化すれば髪の毛も増えるので、そのような効果を求めて育毛サプリメントに含まれることになります。では、どのような副作用があるのかと言えば、ヨウ素欠乏症というものです。それほどたくさんの報告はありませんが、甲状腺機能を低下させるということです。また妊娠中に摂取すると胎児の生殖器に異常が出るケースが指摘されています。

 

現状では指摘されている段階ですので、それほど心配はないかと思われます。実際にそういった事は聞いた事がありませんが、あくまで可能性があるという事です。

 

対処法

 

まず過剰摂取を控える事が賢明な対処法になります。一つ大きな問題になりかねないのが、大豆イソフラボンは食事でも簡単に摂取できるという事です。大豆製品はいろいろとあります。豆乳もありますし、豆腐もあります。納豆もありますし、おからやきな粉、さらに味噌や枝豆とあります。

 

思った以上に摂取しているものですので、食事である程度摂取している方は育毛サプリメントを用いて特別に摂取をしなくても良いでしょう。

 

大豆イソフラボンが含まれる育毛サプリメント

※こちらに紹介したのは大豆イソフラボンを含んだ育毛サプリの一部です。紹介したサプリメントが悪いというものではなく、大豆イソフラボンが含まれているので食品で十分に摂取している方は過剰摂取には注意しましょう、という事です

亜鉛

 

ミネラルの一種である亜鉛も育毛効果があるという事で育毛サプリメントに含まれている事が多いです。亜鉛は体内で様々な酵素の材料になると言われていて、健康効果も高く育毛サプリメントだけではなく一般の健康サプリメントにも含まれる事が多いです。

 

亜鉛には、男性型脱毛症を作り出す5-αリダクターゼを阻害する働きがあるとされます。ですので、育毛サプリに含まれやすいです。

 

ではその副作用ですが、過剰に摂取を続けると重大な障害を起こす事があります。それは体内の銅を不足させてしまう事があるということです。その結果、骨や血管が弱くなるという副作用を起こします。気をつけて摂取しなければいけない成分です。

 

対処法

 

亜鉛を含むお米

やはり過剰摂取を控えるという事です。そしてイソフラボンと同じように、牡蠣、煮干し、するめなどの食品や、身近なものではお米からも摂取できる点にも注目しましょう。ただ、あまり大きな心配は要りません。育毛サプリの製造会社にしても亜鉛の副作用情報はふまえています。

 

そのため、大量に摂取しなければ、特に上記したような副作用を発症してしまう事は考えられません。また、亜鉛ですが相性が良くない飲み物もあります。お茶や牛乳との相性が悪いです。育毛サプリをお茶や牛乳で摂取すると亜鉛を無力化させてしまいます。

 

せっかく育毛サプリで飲んだ成分の効果を発揮させなくしてしまってはもったいないです。亜鉛を含んだ育毛サプリは多いので、基本的に牛乳やお茶では飲まないようにしましょう。

 

亜鉛が含まれる育毛サプリメント

※こちらに紹介したのは亜鉛を含んだ育毛サプリの一部です。紹介したサプリメントが悪いものではなく、亜鉛が含まれるので過剰摂取に気をつけましょうという事です。

育毛サプリの副作用のまとめ

ここまで育毛サプリの副作用について代表的な成分を中心に見てきました。そのほとんどすべての対策としては、過剰摂取は控えるという事です。そして一般的に育毛サプリの副作用は、あまり気にしなくて良いという事が分かります。それほど大きな危険性はサプリにはありません。

 

ただ、アレルギーにだけには注意してください。これは育毛サプリメント全体に指摘できることです。食物アレルギーを持っている方は、その成分を含んだものは利用してはいけません。大きな健康被害が起きてしまいます。

 

大豆アレルギーの方は大豆イソフラボンの入っているものは控えましょう。乳製品についてのアレルギーがある方は、乳製品の入ったものを摂取してはいけません。アレルギーに関しては基本的に育毛サプリの成分表を見れば判断できますので、そちらを参考にしてください。

 

このサイトで調べた、育毛サプリメントの口コミや評判はこちらです。

育毛サプリメントの口コミ・評判